アナログゲーム療育講座


アナログゲーム療育講座

アナログゲーム療育とは、主に発達障害のあるお子さんや成人の方を対象に、市販されているカードゲームやボードゲームを用いて、臨機応変なコミュニケーション力と人と関わる自信を身につけるための技法です。

アナログゲーム療育を実践されたい方のための講座や、導入コンサルティングのご依頼を承っております。

主な対象:

  • 園や学校で発達障害のある子と関わる保育者・教育者
  • 児童発達支援施設や放課後等デイサービスなど障害児通所支援施設の職員
  • 発達障害のある子を育てる保護者
  • 精神・発達障害のある成人の方と関わる支援者
  • 園・学校・学童などで障害の有無関わらず子どもと関わる方

42

市販されているゲームを用いることで、長期間の訓練や大掛かりな設備を用意せずとも、幼児から成人まで、幅広い発達段階の方に、安全で楽しい療育・就労訓練・レクリエーションを提供できます。障害のある子との関わる中で生まれた技法ですが、障害のないお子さんにも有益です。

講座では、すぐに使える市販のゲームを3~5種類、講義とゲーム体験の双方を交えてご紹介します。時間は3時間を原則とし、最短で2時間となります。

「幼児向けのゲームを中心に紹介してほしい」「引きこもりの子がコミュニケーションできるゲームを紹介してほしい」など、ご希望にあわせてテーマを調整します。

_DSC0417

お申し込み方法

開催ご希望の方は、tmwires@gmail.comまで下記の点をお知らせください。折返し費用や講座内容についてご連絡いたします。

  • 開催場所
  • 開催希望日程(大まかで構いません)
  • 定員
  • 内容についてのご希望(もしあれば)

※講師料は、定員・時期等によって変動するため、まずはお問い合わせください。

※オンライン講座については、ゲームを直接体験いただけないため、現在はお受けしておりません。

※開催時間は原則3時間となります。時間の確保が難しい場合は最短で2時間の内容にもできます。

 

過去の開催実績

・東京都立小児総合医療センター 様

・入間市市役所 様

・社団法人千葉県自閉症協会 様

・放課後等デイサービスオルオルハウスかすみ 様

・NPO法人えじそんくらぶ 様 (ADHDのある子と親の支援団体)

他多数

(順不同)

 

他、多数の施設・団体様からお招きいただき、いずれもご好評をいただいております。