「褒めない・叱らない」「勇気づける」子育てとは?~アドラー心理学について~

教育・子育て分野で注目が集まる「アドラー心理学」

昨今、「褒めない・叱らない子育て」または「勇気づける子育て」と題した書籍やセミナーの案内を目にすることが多くなりました。

例えば、

といったものがあります。

この「褒めない・叱らない」「勇気づける」子育ての源流になっているのが、アドラー心理学です。

この心理学が我が国で注目されるようになったきっかけは、数年前、そのエッセンスを詰め込んだ書籍「嫌われる勇気」が大ベストセラーになったことです。

かくいう私も、この本を読んだことがきっかけでアドラー心理学を学び、療育者として大きく成長できた、という実感を持っています。

 

「褒めない・叱らない」の理由は?

アドラー心理学を紹介するときに使われる「褒めない・叱らない」あるいは「勇気づける」といったキーワード。

「叱らない」は叱られる側の気持ちを思えばまだしも理解できそうですが、「褒めない」となるとすぐさま納得できる人は少ないのではないでしょうか。さらに「褒める」のではなく「勇気づける」のだと言われてしまえば、前者と後者にどんな違いがあるのか、さらにわからなくなってしまいます。

一つ一つ解説していきましょう。

アドラー心理学は明快に「叱るのも褒めるのもダメ」と言っています。なぜなら叱るのも褒めるのも、それをする側に相手の優位に立って思い通りに操ろうとする意図があり、結果として両者の間に対等でない関係を生み出すからです。

そのことを示す面白い例えが上記「嫌われる勇気」の中で紹介されています。

小さな子どもが皿洗いを手伝ったとき、母親が「お皿洗いして偉いわね」と褒めることがあります。しかし、同じことを夫に言えるでしょうか。中々言えないと思います。もし言ったら夫は「馬鹿にするな!」と怒る可能性が高い。

なぜ夫に言えないことが子どもに言えるのでしょうか。そこにはすでに「大人と子ども」という対等でない関係があるからです。そして、「偉いわね」という褒め言葉はこの非対等な関係を強化してしまうのです。

その結果、子どもは褒められたいがために、母親の指示ばかりを気にし、なぜお皿を洗う必要があるのか自分の頭で考えなくなります。そして、母親の目がないところでは積極的に自分の役割を果たそうとしなくなるでしょう。

どうすればよかったのか。母親は「お皿を洗ってくれたのね。ありがとう。助かったわ」と言えばよかったのです。

こうした言葉がけであれば、子どもは自分が家族の一員として対等に扱われていることを知り、家族に貢献できた自分に自信を持つことができます。その自信は、子どもの中に家族の一員としての責任感を生み出します。その子は、たとえ親の注目がない場面においても、家族の一員として自らの責任を果たすことでしょう。

ここでの「ありがとう。助かったわ」というのが、アドラー心理学でいう「勇気づけ」の言葉がけになります。

勇気付け=braveではない

余談ですが、この「勇気づけ」という言葉も、やや誤解を招きそうです。しばしばBraveという訳語が充てられますが、そうなると「勇気」というより「勇敢」といったニュアンスが強く、我が国の気候変動に多大なる影響を及ぼす元テニス選手の方のように、ひたすら「頑張れ!諦めるな!」と連呼するイメージを思い浮かべてしまいがちです。

注:これはアドラー心理学の「勇気づけ」ではありません。

 

アドラー心理学の「勇気づけ」は、いわゆる「励まし」ではなく、あくまで対等な立場から本人の意志や主体性を尊重しつつ、先に紹介した「ありがとう」の例のように望ましい行動に好意的な言葉をかけたり、本人が望む方向に進めるようアドバイスしたり、明らかに間違った方向に進もうとしたとき望ましくない帰結を示してあげることなのです。

 

【書籍紹介】発達障害のあるきょうだい児の心の動き

ゲーム中の出来事

発達障害のあるお子さんの問題行動については、どうしても障害特性との関連を考えたくなってしまいますが、それよりも重要なのはお子さんの心の動きを知り、そこにあわせた対応を行うことです。

今日ご紹介するのは先日、発達障害のある小学生のお子さんたちを対象に、アナログゲームをプレイしてもらったときの出来事です。

この日はきょうだい児が二組参加していました。

プレイ開始直後、小3の男の子がおもむろに隣にいた妹の頭をポカリ! それをみていた別の小学生の男児二人の兄弟が、これまた理由もなくお互いに取っ組み合いを始めました。

こうした動きは一見すると脈絡のないように見えますが、心理的な理由があります。

「強さをアピールしたい」という心理

発達障害のある子たちの多くは、普段の学校生活で失敗を重ねて自信を失っています。

そんな彼らが初対面で顔を合わせたとき、自分の弱さを隠して強さをアピールしなければと考え、あえて暴力的に振る舞うことがよくあるのです。

その際、弟や妹がいれば、彼らをいじめるのが手っ取り早いアピールになります。

上の例で、妹の頭を叩いた子は、直接言葉には出さないけれど「おれはいじめっ子なんだぞ。ナメんなよ」と他の子にアピールしており、それをみた別の兄弟は取っ組み合うことで「俺たちも強いんだぞ!」とアピールし返しているわけです。

叱責は逆効果

こういうとき、指導者が「コラ!小さい子叩いちゃダメでしょ!」などと叱りたくなるのですが、逆効果です。

なぜなら、叱られた子は「いじめっ子な上大人からも叱られるワルいヤツ」として、他の子に対してさらなる強さアピールに成功したことになるからです。

その子がとるであろう次の行動は、叱った大人に反抗的に態度をとることでさらなる「ワル(≒強さ)」をアピールすることです。

それをみた他の子たちもまた、負けていられないとばかり様々な問題行動で自分の存在をアピールしようとします。 こうなってくると集団の秩序が維持できません。

このように、お互いの優越性アピールが問題行動を相互強化していくのが、子ども集団が崩壊する典型的なメカニズムです。

叱れない、かと言って問題行動をほうっておくこともできない。どうするか?

とはいえ、お兄ちゃんに妹が小突かれているのを黙ってみている見ているわけにもいきません。

今回は、兄と妹の間に私が自分の体を差し込み、物理的に手が出せないようにした上で、何事もなかったかのように淡々とゲームの司会を務めました。

体の動きで兄が妹に手を出すのを物理的に制しつつ、態度の上では兄の『ワルアピール』は無視しているわけです。

ライバル関係が友情へと発展

ゲームが進むと、子どもたちがリラックスして笑顔が見え、しばしば歓声があがるようになってきました。

すると、興味深い出来事が。

さっき妹の頭を叩いていた子と、それに負けじと取っ組み合いをしていた兄弟の一人が、ゲーム中、同じタイミングで成功を収めました。そのとき二人がどちらからともなく「やったぜ!」とハイタッチしたのです。

出会った当初お互いに抱いていた敵対的なライバル感情が、友情に変化した瞬間です。

どちらの感情も相手への強い関心がベースになっていますから、ちょっとしたきっかけでどちらにも転化します。今回はいっしょにゲームをプレイするという経験がポジティブな感情の転化を促しました。

無理に強さをアピールしなくてもいい

こうして、最初ピリピリしていた雰囲気だったきょうだい児たちも、最後はみんな仲良くなって「あー楽しかった」と言って帰っていただくことができました。

自分に自信がなくて周囲に対してツッパらなければならない思い込んでいる子には、本当はこうした経験を5回10回と積みかねてもらうたいのです。そうすれば無理して強味を見せなくともよいことが体験的に理解されてきます。それが情緒の安定とコミュニケーション能力の向上につながってきます。

なので、笑顔で帰っていく子どもたちをみると「良かったなあ」とおもう一方で「これきりなのはもったいないなあ」という、気持ちもあります。

「優越性の欲求」

今回とりあげたきょうだい児の間に働く心理と「強さアピール」の現象は発達障害の知識だけでは対応できず、アドラー心理学の「優越性の欲求」という概念を理解することが重要になってきます。

私達は誰もが「他人よりも向上したい」「理想の状態を追求したい」という欲求を持っています。これを「優越性の欲求」と呼び、良くも悪くも人間関係にも大きな影響を与えている、というのがアドラー心理学の考え方です。

こうした心理が、きょうだい児の関係と性格形成にどのような影響を与えるのか。そこに親はどう対応していけばよいのか。豊富な実例を元に教えてくれるのがルドルフ・ドライカース著「勇気づけて躾ける―子どもを自立させる子育ての原理と方法」という本です。

アドラー心理学の創始者であるA・アドラーの弟子であるドライカースが、1964年にアメリカで出版したこの本は、アドラー心理学の考え方を取り入れた子育て指南書として、大ベストセラーとなりました。

この本は、きょうだい児の関係のみならず、発達障害のあるお子さんの子育てについても大きなヒントを与えてくれます。1964年の出版なので、発達障害の「は」の字も出てきません。しかし、出てくる実例は発達障害のある子と接している方たちには「こういうこと、あるある!」と頷くものばかりのはずです。

文中にある、

自信を失った子どもが所属意識を得るための手段として最初に利用する誤った目標は”必要以上の注目”に対する願望です。みんなの注目を遊びているときだけ自分は重要なのだ、という誤った認識に影響され、子どもは注目を集めるための見事なテクニックを身につけていきます。 p92

という指摘は、今回ご紹介した事例にもまさに当てはまります。

このようにお子さんが誤って身につけたこうしたテクニックをどう修正し、社会的にバランスのとれた人間に導いていくか。この本は明確な解答を示しています。

ぜひ一読されることをオススメします。