6/17学童編(後編)ご案内&アドラー心理学「共同体感覚」について

6/17学童編(後編)は、心理面へのアプローチがテーマです

毎回好評のアナログゲーム療育講座、次回は6月17日(土)の学童編(後編)です。「周囲に関心を持つ」「人と関わる勇気を回復する」といった心理面へのアプローチについて解説します。

ゲームを使ってお子さんと関わっていくと、様々な課題が見えてくるはずです。

たとえば、

  • 「ゲームに参加しようとしない」
  • 「わざとルールに反する行動をする」
  • 「暴言をいう・「暴力をふるう」
  • 「負けるとかんしゃくを起こす」

といったことです。

問題行動の背景には、過去の失敗体験から来る集団参加への不安が影響している場合が多いです。こうしたお子さんの心理にどうアプローチしていくのか、ゲーム体験を混じえて解説します。

前編を聞いていない方でも理解には全く支障はありません。下記のすごろくやサイトからお申込みをどうぞ。前編は開催日前に満席になってしまいましたので、今回も早めの申込をオススメいたします。

アプローチの軸となるアドラー心理学の「共同体感覚」

お子さんの心理面の課題を探る上で手がかりとなるのがアドラー心理学です。

フロイト、ユングと並んで「世界三大心理学者」と呼ばれるアルフレッド・アドラー。数年前に関連書籍がベストセラーなり、ドラマ化もされるなど、我が国でも一躍話題になりました。

アナログゲームを療育で特に重視しているのが、アドラーが提唱した「共同体感覚」という概念です。

共同体感覚は、下記の三つから成り立ちます。

  • 自分は人から助けてもらえる(他者信頼)
  • 自分は人の役に立てる(自己信頼)
  • 自分はここにいてもよい(所属感)

この三つを感じている時、人間は幸福であるとアドラーは述べています。

なぜこの三つなのか、どうやったらこれらの感覚を持てるのか、といった具体的な話は講座に譲りますが、この三つがあれば幸せだ、というのは理屈抜きに共感いただける方が多いのではないかと思います。

自己信頼を育てる

上記三つの要素の中で、アナログゲーム療育で特に重視するのが「自分は人の役に立てる」という自己信頼の気持ちをお子さんの中に生み出すことです。

発達障害児支援で重視される自己肯定感と、アドラー心理学のいう自己信頼との違いは、後者が共同体への貢献によって培われるという点です。自己信頼は「自分は共同体に貢献できる人間である」という実感を意味しており、「貢献感」とも言われます。

他の二つ、「自分は人から助けてもらえる」「自分はここにいてもよい」という感覚は既存の療育や支援でもある程度提供できていると思いますが、「自分は人の役に立てる」という自己信頼(貢献感)をお子さんに実感してもらえる療育や支援というものは、これまであまりなかったのではないかと思います。

アナログゲームで共同体感覚を身につける

アナログゲームは、お子さんが「自分は人の役に立てる」という自己信頼を身につけるためにとても有用なツールだと考えています。

なぜなら、アナログゲームにおいては、プレイヤーたちは優劣を競うライバルであると同時に、ルールを守り合ってプレイしあう点で「ゲーム」という1つの共同体を成立させるために貢献し合うパートナーでもあるからです。「ルールを守ってゲームを成立させる」ということ自体が共同体への貢献となるのです。

のみならず、こちらの「禁断の砂漠」のように、勝敗を競う代わりに、協力しあって共通のゴールに向かうゲームも存在します。

協力して一つのゴールを目指す 「禁断の砂漠」

6月の講座では、これ以外にも共同体感覚を身につけるのに有益なゲームをたくさん紹介したいと思います。

6月 7月のアナログゲーム療育講座

現在募集中の講座は他に二つあります。いずれもリンク先から申込みが必要です。皆様と会場でお会い出来るのを楽しみにしています。

 

6月11日(日) 東大島文化センター(江東区)

アナログゲーム療育~楽しくコミュニケーション力を身につける~

初となる5時間の講座です。すごろくやで開催している幼児編と学童編をあわせた内容です。アナログゲーム療育に知りたいという方にオススメの講座です。

 

 

7月16日(日) すごろくや講座 中高生・大人編(後半)

就労に必要となる、コミュニケーション力や見通し力を身につけるためのゲームを紹介します。

 

 

 

アナログゲーム療育講座~5月は学童編、中高生・大人編です

5月は二本立て

東京・高円寺で開催のすごろくやアナログゲーム療育講座。

次回5月は7日(日)の学童編、21日(日)の中高生・大人編の二本立てです。

お申込みは下記のすごろくやさんウェブサイトからどうぞ。

改めて講座内容を解説!

毎回好評をいただいているすごろくやのアナログゲーム講座ですが、その具体的な内容についてご紹介しましょう。

全ての講座は3時間の内容となっています。そのうちの大まかに半分が講義、半分がゲーム体験です。

IMG_8917

前半は講義中心。心理学者ピアジェの認知発達理論に基いて、子どもと大人の思考の違いについてわかりやすく説明します。(写真は3月の「幼児編」)

IMG_8935

療育で用いるゲームを実際にプレイできることがこの講座の特徴です。楽しいゲームばかりなので歓声があがりますが、参加者の中からは「これは教室で使えるね」「あの子に良さそう」といった声も聞かれ、療育実践を意識されていることが伝わってきます。

IMG_8960

ゲームの中で、判断に迷う部分、うっかり間違えてしまう部分にこそ、指導のポイントがあります。単にプレイするだけではなく、療育につなげる視点や言葉がけを解説しています。

どんな人が参加しているの?

発達障害のある子と関わる様々な立場、職種の方が参加されています。

幼児編:保育士 幼稚園教諭 児童発達支援事業指導員 

学童編: 特別支援学校教員 通級指導教室教員 放課後等デイサービス職員 学童職員 児童館職員

中高生・大人編:就労移行支援施設職員 生活訓練施設職員 職業カウンセラー 一般企業の人事担当

また、各年代を通じて、地域の相談機関で働く心理職の方、そして発達障害のあるお子さんを育てる保護者の方が参加されています。

どんなゲームがあるの?

各講座では、2~4種類ほどのゲームを体験いただいています。どんなゲームをプレイするかは各講座の募集ページに書いてありますので、ご覧ください。

(なお、講座の時間配分やゲームの入荷状況によって予定通りの内容にならないこともありますのでご了承ください。)

 

IMG_8971

各年代ごとの療育目標にあわせたゲームを体験いただいています。

体験するもの以外にも様々なゲームをご紹介します。講座でご紹介したゲームは、講座の終了後すぐにすごろくやさんで購入できますので、翌日から実践に生かすことができます。

みなさんの参加をお待ちしております!

幼児期のアナログゲーム選びのポイント

 幼児向けゲームのリストを制作!

アナログゲーム療育で用いている幼児向けゲームのリストをすごろくやさんにまとめていただきました。

このリストは、下記のような基準で選んでいます。

  • 幼児、または知的障害や自閉症を伴う小学校低学年のお子さんの認知・思考の発達段階に見合うもの
  • 上記の範囲内で、比較的幅広い発達段階のお子さんに適用できるもの

みなさんの指導・関わりの参考になれば幸いです。

幼児期のゲーム選びのポイント

幼児(または知的な遅れのある)お子さんが発達段階にあわせたゲームで遊ぶことで、言葉や数の理解を促したり、集団の中でルールを守って遊ぶことを学んでもらうことができます。

他方、幼児のお子さんの物の見方や考え方は、様々な点で大人と異なっています。この点を理解しておくことで、幼児のお子さんと楽しく遊び、療育としても成果を出しやすくなります。以下、ゲーム選びや関わり方のポイントを解説します。

見た目や音、感触で興味をひくゲームを

言葉や思考が発達途上にある幼児期のお子さんは、見た目や音、感触といった、感覚に訴えるゲームにより強い興味を感じます。これは、言葉のない2歳以前のお子さんや、知的障害を伴う自閉症をお持ちのお子さんについては特にあてはまります。

こうしたお子さんの場合、ゲームに誘ってもすぐには参加してくれない事が多いです。しかし、ゲームに使うボードや道具が立体的だったり、色鮮やかで触ってみたくなるようなゲームを選ぶと、興味を持って参加してくれる可能性が高くなります。

たとえば、上記リスト内の「マイファーストゲーム・フィッシング」は磁石で魚を釣る時の「パチン!」という音と感触が子どもたちの興味を強く惹きます。

_DSC0745

こちらのスティッキーもオススメです。

幅広い発達段階のお子さんたちを一つの集団で療育 「スティッキー」

まずはゲームを触らせてみる

5,6歳ともなれば言葉の扱いや思考も発達していますが、それでも大人に比べれば見た目や触感への興味がまだ強く残っています。

そのため、この年代の子どもたちは、大人がルールを説明しているときに、話を聞かずに目の前のコマやボードをいじくりまわしてしまうことがあります。

こういうときはルールを説明するより先に、ゲームのコマやボードに自由に触れる時間を2~3分取ってあげます。こうしてお子さんの感覚的な興味を充分満たしてあげた後でルール説明を始めれば、集中して聞くことができます。

戦略的思考はまだ難しい

幼児のお子さんは、ルールに従ってゲームをプレイすることはできますが、「AとB、どちらの選択がより勝利に近いか」といった風に、戦略的に考えてより望ましい選択を選ぶことが難しい場合が多いです。

そのため、幼児のお子さんに用いるゲームは、判断や選択の要素がなく、ルールに従って行動しているだけでよいものが中心です。

こうしたゲームは勝敗が運で決まってしまうため大人にとっては少々退屈に思えてしまいます。そのため、特に「ゲーム好き」な大人が幼児のお子さんと遊ぶ場合、戦略的なゲームばかりをチョイスしてしまう傾向があります。お子さんはルールに従うことはできるのでゲーム自体は成立するものの、戦略的な面白みは体験できていません。

こうしたことから、幼児のお子さんと遊ぶとき、大人は自分が選んだゲームがお子さんにとって難しくなりすぎないように注意する必要があります。

3月のすごろくやアナログゲーム療育講座は「幼児編」です。

毎月東京・高円寺にあるすごろくやさんで開催させていただいているアナログゲーム療育講座。

3月26日(日)は、「幼児編」として就学前のお子さんや知的な遅れや発達障害のある小学校低学年のお子さん向けに、上記で紹介した以外にもたくさんのゲームを紹介します。実際にゲームをプレイしながら学ぶことで、実践的なノウハウを身につけることができます。

講座の申込みは下記のリンクからどうぞ。毎回満席になっているので、お早目の申込みをオススメします。

3月26日(日) すごろくや アナログゲーム療育講座 幼児編

12月・1月のアナログゲーム療育講座

12月・1月は静岡・東京で開催!

12月・1月のアナログゲーム療育講座のご案内です。

静岡では、11月から3回連続でアナログゲーム療育講座を行っています。先日行った幼児編は大好評のうちに終わりました。

残る2回は、12月4日(日)の学童編、1月15日(日)の中高生~大人編となります。

この講座では、ピアジェの認知発達段階論をベースに、考える力やコミュニケーション能力を練習できるゲームを紹介しています。講義に加え実際にゲームを体験しながら学ぶわかりやすい講座です。

過去の参加者の方からは

「療育の軸となる考え方を身につけられた」

「これまでも療育にゲームを取り入れていたが、その意義を理論的に理解できた」

などの感想をいただきました。

いずれもまだ残席があります。下記のリンクから、お申込みをお待ちしています。

12月4日(日) 『学童編 客観的思考とコミュニケーションスキルを身につける』

1月15日(日) 『中高生〜大人編 就労に必要なコミュニケーション力を身につける』

ryouiku2-1

 

1/14(土) すごろくや 学童編②

発達障害のある小中学生のお子さんと関わる、支援者・保護者の方を対象とした新しい講座です。学童期の課題である「客観的思考の獲得」「他者視点の獲得」について、ピアジェの認知発達理論をもとに、ゲーム体験を混じえて説明します。

学童編はこれまでも開催して好評をいただいていますが、この講座で体験するゲームは全て一新します。「与えられた役割を正しく演じる」「相手をよく観察する」などの練習ができるゲームを紹介します。

<おかげさまで満席になりました>

 

20160819020615591

 

11/19 すごろくや協力ゲーム講座を開催!

すごろくやさんで毎月開催しているアナログゲーム療育講座。おかげさまで大好評をいただいています。

これまで、主に幼児編・学童編・大人編と年齢にわけて基礎的な理論と代表的なゲームをご紹介してきましたが、11月・12月はテーマを絞り、今までご紹介できなかったゲームを取り上げます。

11月19日(日)の次回講座は、アナログゲーム療育の花形とも言える「協力ゲーム」の講座です。お申込みは下記のリンクからどうぞ。

11/19 ゲストMC企画イベント:松本太一さん「協力ゲーム講座」

 

201607181722569ac

今回のテーマは「協力ゲーム」

ゲームと言えば、勝敗や優劣を競うものが多いですが、プレイヤー同士が協力しあって一つのゴールを目指すジャンルがあり、「協力ゲーム」と呼ばれます。

「協力ゲーム」では、普通のゲームと違ってプレイヤー同士がお互いの手の内を隠す必要がなく、自由にアドバイスし合えるため、コミュニケーションの総合的な練習としてアナログゲーム療育の中でも重要な役割を果たしています。

また、プレイヤーの年齢や能力に差があっても、お互い助け合いながらプレイすることで全員が楽しめるのも協力ゲームの魅力です。今回の講座も対小学校低学年のお子さんのコミュニケーション療育から、社会人の人事研修として使える内容までを幅広く含みます。

みなさんの参加をお待ちしております!

古代文明のテーマにした美しいアートワークが子どもたちの冒険心をかきたてる。

協力ゲームの代表格「禁断の砂漠」。こちらは残念ながら売り切れ中なので、同じ作者による新たな協力ゲームを紹介予定です。

 

静岡でアナログゲーム療育講座が開催されます

大好評につき第2期を開催!

今年の6月から9月にかけて行われた全3回の静岡アナログゲーム療育講座。

大好評につき11月から第2期を初めます。

ryouiku2-1

前回の感想から・・

「発達障害のある子どもを持つ親にとっては指針となる内容でした。」

「子どもの認知特性の段階に合わせた課題、何がボトルネックになりやすいかなど、総合的に知ることができました」

など、ありがたい感想を頂いています。

前回よりも理論面でも実践面でもパワーワップした内容になる予定です。

お申込みは主催のspiel-bandeさんのサイトからどうぞ。

http://www.spiel-bande.org/blog/


前回は早々に定員に達してしまったので、早めのお申込みをおすすめします。ご参加お待ちしています!

【アナログゲーム療育講座】10月のご案内

高円寺すごろくやで毎月行っているアナログゲーム療育講座。10月のお知らせです。

10月は初の講座となる「中高生~大人編」(9日)と、「学童編(再)」(10日)の二本立てです。

10月9日(日) 「アナログゲーム療育講座 中高生~大人編」

就職を見据え、組織で働く上で求められる「状況にあわせた臨機応変なコミュニケーション能力」の獲得を目指す指導をお伝えします。

他者の考えや場の状況に積極的な関心を持ち、自分がどう動けばよいか主体的に判断することを学ぶために、アナログゲームは最適のツールです。職業訓練や企業研修の経験を踏まえた、実践的な講座です。

発達障害のある中高生の支援、成人の支職業訓練に関わる方だけでなく、発達障害と関係がなくと人事研修や採用に関わる方に参加いただきたい講座です。

13838441_563953387126383_191810199_o

奈良の就労移行支援施設「ぷろぼの」でのスカイプを使った遠隔職業訓練の様子。アナログゲームを通じて、その方が就職する上での強みと課題が見えてきます。

10月10日(月・祝) 「アナログゲーム療育講座 学童編(再)」

9月11日の講座と同様の内容です。

小学校入学以降に身についてくる「客観的思考力」や「コミュニケーション能力」にアプローチする内容です。今まで教え方がハッキリしてこなかったこうした能力に、ピアジェの認知発達理論とアナログゲームを通じて、明確な定義と実践的な指導法を与える内容となっています。

20160819020615591

 

9月の講座も引き続き募集中!

また、9月の講座も引き続き募集中です。

講座はいずれも事前予約制です。リンク先のすごろくやさんのサイトからお申し込みください。

会場でみなさんとお会いできるのを楽しみにしています!

9月のアナログゲーム療育講座

おかげ様で大好評!アナログゲーム療育講座

東京は高円寺にあるすごろくやさんのアナログゲーム療育講座。おかげさまで毎回大好評をいただいています。

9月も、3回開催させていただきます。新たに平日夜の開催もあります。

事前予約制で費用は3000円(当日参加4000円)となります。予約は各講座タイトルのリンクよりどうぞ。

 

9月11日(日)アナログゲーム療育講座~学童編~

小学生のお子さんを対象としたアナログゲーム療育を講義とゲーム体験で解説します。発達障害のあるお子さんにとっては、学校の集団生活で障害特性が目立ちやすくなるこの時期。「客観的思考の獲得」「コミュニケーションスキルの獲得」の二つを目標に、ゲームを通じて発達をサポートします。

201607181722569ac

 

9月24日(土)アナログゲーム療育講座~入門編~(再)

教室や家庭で、アナログゲームを療育に導入したいと考えている方に最初におすすめしたい講座です。

多様な年齢や障害特性のお子さんが楽しめる定番どころのゲームをご紹介します。他の講座より実際にゲームのプレイしていただく体験を多くしています。「子どもたちが楽しみながらコミュニケーション能力を高められるゲームがこんなにもたくさんある!」という驚きを感じていただけると思います。

8/27と同内容となります。

20160718160856d56

 

9月30日(金)アナログゲーム療育講座~幼児編~(再)

2歳~6歳半のお子さんを対象にしたゲームを紹介します。ルール理解に始まり、数や言葉が使いこなせるようになる6歳半までの発達段階を対象として,ゲームの紹介と指導法の解説を行います。保育士や児童発達支援事業で発達障害のある幼児のお子さんと接している方、またそれ以上の年齢で知的障害があるお子さんと関わっている方におすすめの講座です。

8/14と同内容となります。「平日に開催してほしい!」とのご要望が多く、金曜夜19:00~から開催いたします。

20160819020615591

 

以下、過去に講座に参加された方からいただいた感想です。

「実際にゲームを行いながらの講習なので分かりやすかった」

「学問的・理論的な話があり、裏付けが聞けてよかったです」

「日常場面から、ゲームを通して学ぶ場面、事柄は多いと感じていましたが、理論的に考えたことはなく、改めて深く学ぶと大変教育効果が大きいものだと感じました。」

など、大変好評いただいております。

ご興味のある方、ぜひ参加をお待ちしております。

 

8月のアナログゲーム療育講座@すごろくや

8月はすごろくやさんにて3回開催!

アナログゲーム療育の講座のお知らせです。

8月は、東京は杉並区高円寺の「すごろくや」さんの企画として、テーマや対象を変えて、3回開催させていただきます。

201607181722569ac

8月14日(日) アナログゲーム療育講座 ~幼児編~

アナログゲーム療育を、年代をわけて3回連続で解説します。初回となる8月は、「幼児編」として2歳~6歳半のお子さんを対象にしたゲームを紹介します。ルール理解に始まり、数や言葉が使いこなせるようになる6歳半までの発達段階を対象として,ゲームの紹介と指導法の解説を行います。

保育士や児童発達支援事業で発達障害のある幼児のお子さんと接している方、またそれ以上の年齢で知的障害があるお子さんと関わっている方におすすめの講座です。

この講座は、9月に「学童編」、10月に「中学生~大人編」と続いていきます(日程は追って告知します)。小学生以上のお子さんと関わっている方であってもお子さんの発達段階をトータルに理解したいという方は、この回からの参加をおすすめします。

2016071817225736d

 

8月21日(日) アナログゲーム療育講座 ~実践編~

主に5歳以上のお子さんを対象に、ゲーム中にお子さんに見せる「負けるとかんしゃくを起こす」「暴言・暴力」「参加しない」等の困った行動にどう対処したらよいかを解説します。

単なる問題行動の対処にとどまらず、その背景にあるお子さんの心理と向き合っていくことで、人と関わる勇気を回復する方法を実際にゲームを体験していただきながら解説していきます。

他の講座のテーマが認知能力の発達であるのに対し、心理面からのアプローチを中心に据えた講座です。(7/2に開催したイベントと同じ内容の再講演となります。)

201607181602539db

 

8月27日(土) アナログゲーム療育講座 ~入門編~

教室や家庭で、アナログゲームを療育に導入したいと考えている方に最初におすすめしたい講座です。多様な年齢や障害特性のお子さんが楽しめる定番どころのゲームをご紹介します。

他の講座より実際にゲームのプレイしていただく体験を多くしています。「子どもたちが楽しみながらコミュニケーション能力を高められるゲームがこんなにもたくさんある!」という驚きを感じていただけると思います。

20160718160856d56

時間・参加費用について

各回時間とも、14:00〜17:00の3時間。事前予約制で費用は3000円(当日参加4000円)となります。予約は上記のすごろくやさんウェブサイトからどうぞ。

すごろくやさんでの講座、おかげさまで好評で、これまでは1~2週間で定員(30名)が埋まってしまっています。お早めの申し込みをおすすめいたします。

みなさんとお会いできることを楽しみにしております。

都立小児総合医療センター&入間市市役所で講習会

東京都立小児総合医療センターで講習会

3月は公開・非公開のものを含めて7本の講習会を開催させていただきました。

中でも、東京都立小児総合医療センターにお招きいただいた会は、過去最大の50人の定員で行われ、アナログゲーム療育について講義と体験を交えてお伝えしました。

_DSC0417

病院という場所柄ゆえ、医師・看護師と思しき白衣の先生方の参加も多く、体験の時間では初めてプレイするゲームを楽しんでおられる様子でした。

特に病院の中で過ごしているお子さんに対して、アナログゲームが他者との関係を作り、楽しい時間を過ごすためのツールとして活用されることを願ってやみません。

入間市役所で講習会

埼玉県入間市役所では、保健師さんや福祉職の方を対象とした講習会を開催しました。

こちらは、現場で活躍している方たちの少人数の講習でしたので、一つのテーブルを囲み、実際にゲームを操作しながらお伝えすることができました。この形だとお子さんへの指示の出し方など、微妙なニュアンスをお伝えすることでき、密度の高い講習となりました。

 12910827_1003885369698761_2132160892_n

保健師さんからは、「引きこもりのお子さんと関係を結べるようなゲームを紹介してほしい」とのご要望がありましたので、そうしたゲームも複数ご紹介しました。

12910603_1003885606365404_2030862723_n

写真でご紹介しているのは「ベルズ」。色違いの鈴を磁石の棒で取っていくというゲームです。興味を惹くビジュアルと、シンプルなルールで、お子さんと関わるきっかけづくりに最適なゲームです。体験でも大盛り上がりでした。

【購入先 すごろくや】 ベルズ http://sgrk.blog53.fc2.com/?no=3299

新たな課題も・・・

昨年5月からフリーランスとして活動を初めて1年弱。多くの方にアナログゲーム療育に関心を持っていただき大変有り難いと思っております。

他方で、新たな課題も見えてきています。

特に、講習会に参加した方から「定期的にアナログゲーム療育について学べる場が欲しい」というご要望を多数いただいているにも関わらず、まだ実現できていないのが大きな課題です。

例えば、月一回くらいのペースで定期的な講習会が開けるよう、模索しているところです。何か動きがありましたらこのサイトでご連絡させていただきます。